岡山県高等学校PTA連合会

Home > 県高P連とは > 会長挨拶

会長挨拶

岡山県高等学校PTA連合会会長 橋本 勇人よりご挨拶

岡山県高等学校PTA連合会会長 橋本 勇人この度、令和3年度岡山県高等学校PTA連合会会長を務めさせて頂くことになりました岡山朝日高等学校PTA会長の橋本勇人と申します。日頃より岡山県高等学校PTA連合会及び各学校PTA活動に温かいご支援・ご協力を賜り心より厚くお礼申し上げます。

今年度も新型コロナウィルスの影響により、「あたりまえ」だと思っていた入学式・運動会・文化祭・修学旅行・卒業式などの行事が、中止や簡素化された形で行われております。私たちのPTA活動も例外ではありません。また、1・2年生は、マスク姿の友人の姿しか見たことがないというなかで、勉学や部活動などに励んでくれています。就職や進学を控えた3年生は、自分自身の進路を切り拓こうと努力しております。厳しい条件下でも前に進もうとする子どもたち、それを支える先生方や保護者の姿を拝見すると頭が下がる思いです。

このように厳しい条件下ですが、学校教育自身も変革の時期を迎えています。昨年度からは思考力・判断力・表現力を中心とした大学入試が本格化し、本年度からはGIGAスクール構想実現に向けた学校ICT環境整備が具体化され、Society5.0時代への対応がスタートしました。さらに、幼稚園教育要領の改訂から始まった新しい学習指導要領も、令和4年度入学生から学年進行で導入されます。

予定されていた教育界の変化に、コロナウィルスによる著しい環境の変化が加わりましたが、決して6600万年前の隕石の落下による恐竜絶滅ではないと思います。コロナや自然災害をも含む「社会の変化に対応できる生きる力」を発揮できるかどうかが、子どもたち・先生方・そして私たち保護者に試されているのだと思います。子どもたちが夢を持って育っていけるよう、学校や家庭や地域、あるいは各高等学校のPTAが連携しながら、各校PTAが抱えている課題を解決し、子どもたちをしっかりと支えていきたいと思います。引き続き、皆様のご支援・ご協力を何卒よろしくお願いいたします。